社内の通話はビジネスフォンの内線があるから無料に。では、社外に営業中、外出中の通話(外線)はどうでしょう。外出中の通話料がちょっと高い…」上記のように悩んでいる事業者は多いもの。

であれば、ビジネスフォンをクラウド型のものにしてみませんか?実は、ビジネスフォンには大きく分けて3つの種類が。クラウドビジネスフォンにすることで外出中の通話料も抑えられるのです。ただ、いざ選ぶとなると、クラウドビジネスフォンをどれにするか迷うもの。

そこで、今回は外出中にも使える、クラウドビジネスフォン比較をします。人気3サービスのクラウドフォン比較ですので、ぜひ参考にしてみてください。

about

▶︎目次

ビジネスフォンには3つの種類が

冒頭で紹介した通り、ビジネスフォンには大きく分けて3つの種類が。
では、各ビジネスフォンの特徴と、なぜクラウド型が良いのかをご説明しましょう。

通常のビジネスフォン

構内交換機(主装置)と多機能電話機を設置してと、まさに昔ながらのビジネスフォン。

現在、もっとも普及しているビジネスフォンなだけに、すでに利用したことのある方も多いはず。
あくまで”電話回線のみ”を使っているサービスで、基本的に社内(内線)のみ無料です。

電話回線なので災害時や停電時などにも、回線自体が切れるということはなく安心です。

しかし、構内交換機に多機能電話機、配線類と大掛かりな工事が必要に。
設備が多いだけに維持、管理にも費用がかかるので気軽に導入するのは難しいでしょう。

IP型のビジネスフォン

電話回線の代わりに、”インターネット回線”を使用しているのがIP型のビジネスフォン。

通常のビジネスフォンと同様に、構内交換機(IP型主装置)と多機能電話機を設置する必要が。
”インターネット回線のみ”を使っているので、電話回線がなくてもサービスを利用できるのが特徴です。

ネットワーク(構内LAN)を通じて、電話機だけでなくパソコンやスマホなどでも利用できます。

ただし、インターネット回線を使っているので、電話回線ほどの安定感はなく災害などにも弱いです。
結局のところ構内交換機などを設置する必要もあり、費用がかかるのも気になるところと言えます。

クラウド型のビジネスフォン

構内交換機を始めとした、主な設備やシステムをクラウド上に移行したビジネスフォン。

構内交換機を設置する必要がなく、基本的に”インターネット回線さえ”あればいいだけ。
1つのサービスと契約しておけば、A拠点,B拠点と拠点に関係なく同様のサービスが受けられます。

つまり、工事や維持にかかる費用を大幅に抑え、小規模事業者でも気軽に導入できるということ。

また、インターネットにつながってさえいればいいので、外出中にスマホ(iPhone)から利用することも。
社内にWiFiさえあれば多機能電話機を設置せずに、スマホだけで同等のシステムを構築できます。

外出中に使えるクラウドビジネスフォン比較

導入、維持にかかる費用を抑えられ、かつスマホだけでも利用できるのがクラウドビジネスフォンの魅力。
では、外出中にこそ使いたい3つのサービスについて、クラウドビジネスフォン比較をしてみましょう。

ShaMo!(シャモ)

スマホ(iPhone)をそのままクラウドビジネスフォンにしてしまえるサービス。

  • 月額:900円/人

外出中の通話料は20円/30秒ですが、社員間だとすべて無料に。
その上、1社あたり10人以下なら基本料金についても永年無料にできます。

一斉着信や転送機能などもあり、ビジネスフォンの機能をそのままスマホにしたイメージです。

ShaMo!(シャモ)

MOT/TEL(モッテル)

14,000社以上に導入されている、クラウドビジネスフォンとしては最大手のサービス。

  • 月額:3,980円(スタンダード 10ch/20内線)
  • 月額:6,500円(ミドル 10ch/50内線)
  • 月額:9,800円(プレミアム 11ch〜/51〜100内線)

専用の”転送アダプタ(MOT TEL)”を設置するだけと、社内にも簡単に導入できます。
また、アプリをインストールすれば社員のスマホ(iPhone)をそのままクラウドビジネスフォンにすることも。

社内では多機能電話機(IP型)を、外出中はスマホをと使い分けができる訳です。

MOT/TEL(モッテル)

GoodLine(グッドライン)

事業規模に合わせた3つのプランが用意されているクラウドビジネスフォンのサービス。

  • 月額:3,000円(SOHO 2内線)
  • 月額:4,000円(コールセンター 1内線)
  • 月額:5,000円(法人 5内線)

通話記録をすべて管理できる”WEB設定管理”、通話内容を分析する”全通話分析”。
どの端末で電話帳を閲覧できる”クラウド電話帳”などの便利機能がすべて標準です。

少しお高めですが、チームで動くことを考えると使い勝手の良いクラウドビジネスフォンと言えます。

※上記の価格はあくまでサービス内の一部を抜粋したものです。

GoodLine(グッドライン)

まとめ

クラウドビジネスフォン比較

今回はビジネスフォンの新しい選択肢、”クラウドビジネスフォン”についてまとめてみました。

従来のビジネスフォンとは異なり、外出中にスマホから内線電話のできるクラウドビジネスフォン。
構内交換機などを設置する必要もなく、小規模事業者でも気軽に導入できるのが魅力です。

上記で紹介した、外出中に使いたくなるクラウドビジネスフォン比較は3つ。

  • ShaMo!(シャモ)
  • MOT/TEL(モッテル)
  • GoodLine(グッドライン)

どれもスマホに対応した人気のサービスなので、ぜひ外出中の利用を想定して検討してみてください。