「ビジネスフォンって工事費用が高い…」と、ビジネスフォンの導入を諦めてはいませんか?もし、工事費用で悩んでいるのなら、”クラウドビジネスフォン”をおすすめします。

クラウドビジネスフォンにすると”工事不要”、”管理不要”と手軽に導入できます。1,2人からの小規模事業者でも導入できるのがクラウドビジネスフォンの魅力なのです。しかし、実際に導入するとなると、意外と種類があるのでどのサービスにするのか迷うもの。

そこで、今回は工事不要のサービスを中心にクラウドビジネスフォン比較をしたいと思います。クラウドビジネスフォンがなぜ工事不要なのかについても触れていますので、参考にしてみてください。

about

▶︎目次

クラウドビジネスフォンが工事不要って本当?

クラウドビジネスフォンとは”クラウドサービス”の一種です。

クラウドサービスとはインターネットにさえつながっていれば、サービスを利用できるというもの。
物理的な設備やシステムを提供者側がサーバーなどで管理し、サービスのみ提供しているものです。

クラウドビジネスフォンもまた、基本的にインターネット回線さえあれば使えます。

従来のビジネスフォンでは構内交換機に配線にと、大掛かりな工事をする必要が。
設備を導入してからも定期的に点検、整備する必要もあり管理費もかかっていました。

その点、クラウドビジネスフォンは”工事不要”、設備などの”管理不要”と手軽に導入できる訳です。

工事不要なクラウドビジネスフォン比較

クラウドビジネスフォンが人気なのはインターネットさえあれば、基本的に”工事不要”で導入できるため。
では、工事不要で導入できる人気サービスを、クラウドビジネスフォン比較をご紹介しましょう。

INNOVERA-PBX

多機能電話機(IP型)やパソコンなどに”LANケーブルを挿す”だけで導入できるクラウドビジネスフォン。

他のクラウドビジネスフォンによくある”専用ルーター”がないので、本当の意味で”工事不要”です。
インターネットにつながりさえすればいいので、社員の個人スマホ(iPhone)をそのまま利用することも。

1,2回線から始められるので、個人事業主や小規模事業者などスモールスタートに向いています。

INNOVERA-PBX

iスマートBiz

従来のサービスには珍しく、レンタルサーバーを利用して提供されているクラウドビジネスフォン 。

”共用サーバータイプ”と”専用サーバータイプ”のどちらかを自由に選ぶことができます。
共用であれば”工事不要”に、専用であれば管理の手間はあるものの自由度の高い導入が。

ナカヨやサクサなど、すでに導入している多機能電話機をそのまま使い続けられるのもポイントです。

iスマートBiz

PBXL

1契約(1番号)だけでパソコンからスマホまであらゆる端末で通話できるクラウドビジネスフォン。

インターネット環境さえあれば”工事不要”に、スマホがあればどこにいても内線通話ができます。
また、”無制限サポート”もあり導入から管理、ちょっとした相談に至るまで気軽に利用可能です。

大規模導入にも対応しているので、小規模から少しずつ拡大していくのにも便利と言えます。

PBXL

Basix(ベイシクス)

”SAXA電話機”をインターネット回線につなぐだけと、実質”工事不要”なクラウドビジネスフォン。

”サービス基本料金”に”通話料金”のみと、月々の支払いが明瞭な設定です。
その上、アメリカ本土は5円/分、中国は4円/分と国際通話がお得な設定なのもポイント。

国内の拠点間通話はもちろん、海外の顧客との国際通話にも使いたくなるサービスです。

Basix(ベイシクス)

KDDI 仮想PBXサービス

日本を代表する通信事業者”KDDI”の提供しているクラウドビジネスフォン。

KDDIの所有するIP電話網、au電話網を利用できるので通信環境は信頼できるもの。
”工事不要”なだけでなく、導入してからの管理や運用、保守に至るまでKDDIに丸投げできます。

au携帯電話、または他のKDDIのサービスを利用しているのならぜひ検討したいところです。

KDDI 仮想PBXサービス

V-SQUARE(ブイ・スクエア)

ただサービスを導入するだけでなく、適切な運用までトータルにサポートしてくれるクラウドビジネスフォン。

最新のシステムの維持、コールセンターの導入、スマホとの連携など目的に合わせたサービスがあります。
また、音声通話だけでなく、ビデオ通話にも対応しているので拠点間での”TV会議”も可能に。

”離席管理”や”自動転送設定”、”WEBアドレス帳”など機能も充実しているので様々な用途に使えます。

V-SQUARE(ブイ・スクエア)

まとめ

クラウドビジネスフォン比較

今回は、”工事不要”で導入できるクラウドビジネスフォン比較をしてみました。

クラウドビジネスフォンはインターネット回線にさえつながっていれば使えるサービス。
従来のビジネスフォンのように、構内交換機などを設置する必要がないので”工事不要”です。

クラウドビジネスフォン比較として紹介したサービスは6つ。

  • INNOVERA-PBX
  • iスマートBiz
  • PBXL
  • Basix(ベイシクス)
  • KDDI 仮想PBXサービス
  • V-SQUARE(ブイ・スクエア)

どれも特徴のあるサービスなので、ぜひ利用の目的に合わせて検討してみてください。

できるだけ拡張性の高いサービスを選んでおくと、あとから規模を大きくしやすいのでおすすめです。