ビジネスフォンの導入を検討中の皆さん。せっかくなら”クラウドビジネスフォン”を選びませんか?

クラウドビジネスフォンとはビジネスフォンのシステムをクラウド上に移行したもの。構内交換機などを設置する必要がなくより低価格、より管理のしやすいサービスです。その上、クラウドビジネスフォンであれば離れていても”拠点間通話無料”に。

ただ、実際に選ぶとなると、クラウドビジネスフォンも種類があるので大変です。そこで今回は、クラウドビジネスフォン比較ということでおすすめ3サービスをご紹介しましょう。

about

▶︎目次

クラウドビジネスフォンのメリット・デメリット

”クラウドビジネスフォン”と聞いても、あまりイメージの湧かない方も多いのでは?
では、まずはクラウドビジネスフォンのメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

クラウドビジネスフォンのメリット

クラウドビジネスフォンのメリットは主に2つ。

パソコン・スマホがビジネスフォンに

クラウドビジネスフォンでは構内交換機のような設備を設置する必要がありません。

”インターネット回線にさえ”つながっていればいいだけ。

パソコンやスマホのような携帯端末を、そのままビジネスフォンとして利用することも。
最近ではスマホアプリをインストールするだけで利用できるサービスもあるほどです。

拠点間がそのまま内線通話に

クラウドビジネスフォンはインターネット回線にさえつながっていれば導入できます。

会社として契約しておけば、拠点ごとに別途契約する必要がないということ。

例えば、拠点Aと拠点Bでの通話を、まるで社内にいるかのように内線に。
国外にある拠点でも、インターネット回線にさえつながっていれば内線が可能なのです。

クラウドビジネスフォンのデメリット

クラウドビジネスフォンのデメリットも主に2つ。

ネット環境に音質が左右される

クラウドビジネスフォンはインターネット回線につながっていないと利用できません。

電話回線に比べて、インターネット回線は不安定になりやすいもの。

契約しているプロバイダーによっては、通話中に音声が乱れることが。
複数の機器を同時に使っていると、回線が圧迫されて通話できないことがあります。

セキュリティ対策に不安が残る

クラウドビジネスフォンではクラウド上(ネットワーク上)にシステムの大半が移行されています。

つまり、利用者や顧客の個人情報などもまた、クラウド上に記録されているということ。

サービス提供側のセキュリティ対策が甘いと、不正アクセスにより情報漏洩する危険性が。
まずはどのようなセキュリティ対策が施されているのか、十分に調べた上で導入しないと不安です。

拠点間通話無料になるクラウドビジネスフォン比較

ネット環境の不安定さなどデメリットもあるものの、基本的にクラウドビジネスフォンは魅力的なサービスです。
では、拠点間通話無料になるクラウドビジネスフォン比較を、おすすめ3サービスをご紹介しましょう。

BIZTEL ビジネスフォン

インターネット環境さえあればスマホからでもサービスを利用できるクラウドビジネスフォン。

  • ライト(40内線)…月額81,000円
  • スタンダード30(80内線)…月額140,000円
  • スタンダード50(100内線)…月額350,000円

インターネット環境さえあればいいので、当然ながら拠点間通話無料に。
社員の個人スマホを使用すれば、設備導入にかかる費用を限りなく0にできます。

流行りの在宅勤務にも、拠点間通話無料であれば社内と同様にやり取りできるでしょう。

BIZTEL ビジネスフォン

ナイセンクラウド

スマホ(iPhone)での利用を想定して設計されたクラウドビジネスフォン。

  • ライト(1内線)…月額2,000円
  • ペア(2内線)…月額10,000円
  • プロ(5内線〜)…月額10,000円

いつ・誰と誰が・どれだけ話したのかを、クラウド上の管理画面から確認できます。
また、インターネット環境さえあれば、どのキャリアとも契約していない端末でも利用可能に。

WiFi設備とスマホがあれば、どんなに離れていても拠点間通話無料にできる訳です。

ナイセンクラウド

自由放題ビジネスフォン

名前の通りに”自由放題”できるように設計、提供されているクラウドビジネスフォン。

  • 基本(1内線)…月額300円

拠点間通話無料はもちろん、電話回線選択や使用端末選択なども自由に。
約10,000分間の通話を自動録音でき、顧客との「言った」「言わない」を防いでくれます。

発着信履歴を自動で収集し、エクセルとして表示してくれるので通話状況の管理にも便利です。

自由放題ビジネスフォン

まとめ

クラウドビジネスフォン比較

今回は、拠点間通話無料のクラウドビジネスフォン比較をしてみました。

クラウドビジネスフォンとはクラウド上にシステムの大半を移行したサービスのこと。
基本的にインターネット環境さえあれば、拠点にかかわらず利用が可能です。

紹介した、拠点間通話無料のクラウドビジネスフォン比較は3サービス。

  • BIZTEL ビジネスフォン
  • ナイセンクラウド
  • 自由放題ビジネスフォン

大規模に導入するのなら”BIZTEL ビジネスフォン”、スマホのみなら”ナイセンクラウド”が。
より自由な導入を検討しているのなら”自由放題ビジネスフォン”がピッタリでしょう。

ぜひ紹介した内容からクラウドビジネスフォン比較をし、導入する1社を見つけてみてください。